雷保護システムお役立ち情報column

【10秒解説】避雷針の歴史


避雷針の誕生は遡ること18世紀半ばであり、改良されて現在も使われ続けています。

2000年代には新たなシステムが導入されたものも開発されました。今回は、避雷針の始まりから最新のものが造られるまでを紹介します。

 

目次

・避雷針の歴史

・始まりは1750年頃

・1855~1860年頃、日本に伝わる

・避雷針はこれからも進化を続けていくでしょう

 

避雷針の歴史

避雷針は1750年頃に誕生してから、改良を経て現在まで使われ続けています。

 

始まりは1750年頃

オイル・ランプが主流で電気が普及する前の1750年頃、アメリカのベンジャミン・フランクリンによって避雷針が発明されたと言われています。

電気が一般化する前に、雷が電気である実験で証明できたことで、現在にもつながる避雷針の開発に成功しました。

フランクリンの開発したものは、改良を経て雷を集める機能を高めたとして、スペイン・フランス・中国に広がります。

 

1855~1860年頃、日本に伝わる

日本に避雷針の技術が伝わったとされるのは、1855~1860年頃。

1856年に出版・発行された『大地震暦年考』に、

屋根に先端の尖った1丈6尺5寸の銅メッキ、または、3丈3尺の鉄の角柱を立て、柱を囲むように鎖を張り巡らせ、雷を流す専用の井戸に末端を浸す

という方法がとられていた旨の記述があります。

 

避雷針はこれからも進化を続けていくでしょう

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、避雷針の歴史を多少ご理解いただけたでしょう。

避雷針は、18世紀中期の誕生から、現在に至ります。

社会の変化に伴い、避雷針も進化を続けると予想されます。

落雷対策・避雷針工事でお悩みの方は避雷針工事.netへご相談ください。
避雷針設置について詳しく知りたい方はコチラから

 

関連記事

【10秒解説】雷で火災が起きる原因や対策

【10秒解説】誰でもできる落雷対策

 

 

 

一番上へ戻る 

 

 

一番上へ戻る

営業者:株式会社セイクン
愛知県公安委員会 
古物商許可番号:541221300800