雷保護システムお役立ち情報column

【10秒解説】新たに制定された避雷針の新JIS規格とは

避雷針の旧JIS規格は日本独自の規格です。
そして、2003年に新JIS規格化されたことで、避雷針の保護角が高さと効率を重視されたものに変更されました。
この基準は2021年の現在でも変更されておらず、建築基準法では旧JIS規格と新JIS規格のどちらの採用も許可されています。

新JIS規格は日本独自の規格ではなく、IECという世界規格に合わせて翻訳されたもので、旧JISよりも雷保護に関してより厳格な基準となっています。
そこで今回は、避雷針の新JIS規格について紹介していきます。

 

目次

・避雷針を設置する建築物の高さや種類によって細かく分類される新JIS規格
・旧JIS規格の内容
・旧JIS規格に比べると基準が多く分類されることになった新JIS規格

 

避雷針を設置する建築物の高さや種類によって細かく分類される新JIS規格

避雷針の新JIS規格は、建築物の保護レベルと高さによって保護できる角度が変動するのが特徴です。
レベルは建築物の種類別に制定されており、一般建築物や危険を貯蔵する建築物などの分類ごとにレベル分けされています。

高さの基準については、20m~60mまでの4段階と60mオーバーの5つに分類されており、60mを超過する建築物については角度が定められていません。
その理由としては、60mを超える建築物の場合、構造物の側面への落雷に関しては避雷針で受けることが挙げられます。

 

旧JIS規格の内容

旧JIS規格では主に保護角が60度と45度の2種類でしか定められておらず、基準が比較的少ないことが特徴です。
コチラの記事ではさらにもう少し詳しく解説していますのでご覧ください。
【10秒解説】避雷針の旧JIS規格とは

 

旧JIS規格に比べると基準が多く分類されることになった新JIS規格

今回は新JIS規格を10秒で解説してみました。

避雷針の規格では1990年に制定されたものを現在も採用しているケースも多く、傍目から見るとどの規格が採用されているのかを判断できません。

また、新JIS規格でも保護角の範囲内ならば絶対に問題がないという確証はないので、その点に関しては注意が必要です。

 

避雷針工事.netでは避雷針の新設工事・移設工事・修理点検など避雷針に関わるサービスを幅広く行っております。
落雷対策・避雷針工事でお悩みの方は避雷針工事.netへご相談ください
避雷針設置について詳しく知りたい方はコチラから

関連記事

避雷針の保護角

避雷針の旧JIS規格とは

 

 

 

一番上へ戻る 

 

 

一番上へ戻る

営業者:株式会社セイクン
愛知県公安委員会 
古物商許可番号:541221300800