雷保護システムお役立ち情報column

雷に打たれる確率と雷撃パターン

落雷は珍しい現象ではありませんが、まれにその雷が人間に落ちることもあるといいます。
では一体、どれくらいの確率で人間が雷に打たれるのでしょうか。
本記事では人体へ落雷する確率に加え、一般的に「雷に打たれる」と言われる状態についてパターン別にご紹介します。

 

目次

・雷が人に直撃する可能性は?
・雷に打たれる「雷撃」のパターン5つ
・直撃
・側撃
・歩幅電圧
・分岐放電
・爆風
・人体に落雷する確率は低くても「雷撃」には要注意!

 

 雷が人に直撃する可能性は?

そもそも世界中では、毎秒100回以上の落雷が生じています。
年間でカウントすると3億回を超え、そう考えると人体に雷が落ちても不思議はありませんが、人間が雷に打たれることはまずありません。
正確なデータはないものの、その確率は隕石の落下で死亡する確率よりもはるかに低く、100万分の1などと言われています。

 

雷に打たれる「雷撃」のパターン5つ

雷に直接打たれること以外にも、「雷に打たれる」と表現される雷撃パターンがあります。

 

直撃

その名の通り、直接落雷を受けることを言います。
大きな電流が一気に身体に流れるため非常に危険で、死亡率は70~80%とされています。

 

側撃

落雷を受けた木や人から、周囲の人へ電流が飛び移る現象です。
強く感電した状態で、特に木の下で雨宿りしている際に起こりやすく、死亡原因としては直撃に次いで2位となっています。

 

歩幅電圧

落雷の電流が地面を伝い、人間の身体に流れてしまう状態です。
たとえ落雷のあった場所から近くても、立っている場合は足にピリッと刺激を感じる程度でほとんどが軽症です。
座る、腹ばいになる、など地面との接地面が増えるほど痛みやしびれが強くなり、やけどの可能性や心臓への負担も大きくなります。

 

分岐放電

大気中で電流が枝分かれしてしまい、同時に複数の場所に落雷する現象です。
見た目では一瞬の出来事ですが、一度に複数の死傷者を出す可能性があります。

 

爆風

落雷に伴う爆風によって損傷を受けるケースもあります。
最も多いのが鼓膜穿孔で、それ以外は比較的軽症で済むのがほとんどです。


ただし爆風と同時に身体に電流が流れた場合、さまざまな条件で爆風が増強する可能性があり、骨折や内臓破裂を起こすなど、最悪の場合は死に至るケースもあるため注意が必要です。

 

人体に落雷する確率は低くても「雷撃」には要注意!

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、人体に落雷する確率についてご理解いただけたと思います。
「落雷」とひとことで言ってもさまざまな形で被害を受けることがあるので、雷が鳴っている間は注意しましょう。

落雷対策・避雷針工事でお悩みの方は避雷針工事.netへご相談ください。
避雷針設置について詳しく知りたい方はコチラから

 

関連記事

新たに制定された避雷針の新JIS規格とは

避雷針の耐用年数は何年程度なのか

避雷針をメンテナンスする際のチェックポイント

 

 

 

一番上へ戻る 

 

 

一番上へ戻る

営業者:株式会社セイクン
愛知県公安委員会 
古物商許可番号:541221300800