雷保護システムお役立ち情報column

雷の電圧の威力とリスク

ピカッと光った後、ゴロゴロと凄まじい音を立てて空一杯に轟く雷。
建物の中にいても怖くて苦手、という方も少なくありません。
では実際、雷のエネルギーとはどれほどのものなのでしょうか。
本記事では、雷の電圧がどれくらいあるのか、またどれくらい危険なのかについて分かりやすく解説します。

 

目次

・雷の電圧は?
・1億ボルトって実際どれくらい?
・電球
・日常生活
・落雷時の電圧は?
・「木の近くは危険」の真実
・雷の電圧は想像していた以上に大きかった

 

 雷の電圧は?

雷の電圧は、およそ「1億ボルト」と言われています。
雲の中で静電気が発生した結果生じる現象ですが、その威力は一般家庭の約100万倍に相当します。

 

1億ボルトって実際どれくらい?

「1億ボルト」と聞いても具体的にそのパワーをイメージしにくいのではないでしょうか。
そこで、1億ボルトの電圧について、を日常生活の例を交えて解説していきます。

 

電球

雷のパワーを電球に置き換えると、100Wの電球90億個分に相当します。
停電や節電などの心配は皆無になるほどの威力ですが、現時点では雷のエネルギーを貯蓄することができないのが残念です。

 

日常生活

雷の大きさによっても異なりますが、そのパワーは10kWh~500kWhと言われています。
私たちが日常生活で1日に使用する電力の約50倍なので、そのエネルギーを全て利用することができれば1回の雷で50日間まかなえる計算になります。

 

落雷時の電圧は?

雷の電圧が約1億ボルトなのに対し、落雷時の電圧は強ければ10億ボルトにもなると言われています。
通常の雷の10倍の電圧とそれに伴う電流を考えれば、落雷がどれほど危険なものかがお分かりいただけると思います。

 

「木の近くは危険」の真実

「雷が鳴ったら木から離れた方がいい」とよく耳にしますが、実はこれには「直接雷を受ける」ことを避けるだけでなく大きな意味があります。
雷が人間より背の高い木に落雷しやすいのは事実ですが、人間と木を比べると人間の方が電気を通しやすい性質を持っています。


そのため、木の近くにいると落雷の電流がそのまま人間に流れてしまうのです。
そういった状況を避けるためにも、屋外で雷が鳴り始めたら最低でも木から2m以上離れ、低い姿勢を取りましょう。

 

雷の電圧は想像していた以上に大きい

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、雷の電圧についてご理解いただけたと思います。
1回で電球90億個、日常生活50日分がまかなえるほど雷のエネルギーは大きいもの。
もし近くで雷が鳴った際は、速やかに避難や対処しましょう。

 

落雷対策・避雷針工事でお悩みの方は避雷針工事.netへご相談ください。
避雷針設置について詳しく知りたい方はコチラから


 

関連記事

避雷針をメンテナンスする際のチェックポイント

 

 

 

一番上へ戻る 

 

 

一番上へ戻る

営業者:株式会社セイクン
愛知県公安委員会 
古物商許可番号:541221300800