雷保護システムお役立ち情報column

【10秒解説】工場での雷被害リスク


電子機器が揃う工事には、落雷などのトラブルを受けることでどのような危険性があるのでしょうか。

この記事では、工場に関連する雷リスクについてお話ししていきます。また、工場における対策もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

 

目次

・工場には雷のリスクがつきもの

・工場における雷リスクとは

・雷のリスク対策を行って工場の被害を抑えよう

 

工場には雷のリスクがつきもの

工場は様々な機器が揃っており、雷の被害を受けやすい施設だと言えます。

また、多くの配線が複雑に通っていることから、電位差による被害が起きるとも言われています。

工場における雷のリスクを抑えるには、雷が落ちる瞬間に過度な電流が流れることを表す雷サージを防ぐ必要があります。

 

雷サージには、直撃雷が流れる「直撃雷サージ」と電信柱から建物に電気が流れ込む「誘導雷サージ」の2種があります。

工場の場合はどちらの可能性もありますので、入念な雷対策が必要です。

 

工場における雷リスクとは

工場の雷リスクは、主に生産の遅延が生じることです。

工場は、電気を使って様々な商品を生産するため、雷トラブルによるショートや故障が起きると、生産することができなくなります。

 

また、工場はデータに沿って生産を行うため、機械が壊れることで生産データを消去してしまう恐れもあります。

雷のリスクを最小限に抑えるためにも地域や仕事環境に合わせて、雷対策を行うことをおすすめします。

対策については【10秒解説】工場の被害を最小限するための雷対策 で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

 

雷のリスク対策を行って工場の被害を抑えよう

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、工場における雷のリスクについて多少ご理解いただけたと思います。

工場における雷の被害は、生産遅延だけでなく、生産データが消える恐れもあるため、十分な対策を行う必要があります。

雷のリスクを抑えるために、工場での雷被害をチェックして、落雷に備えましょう。

落雷対策・避雷針工事でお悩みの方は避雷針工事.netへご相談ください。
避雷針設置について詳しく知りたい方はコチラから

 

関連記事

【10秒解説】避雷針の歴史

【10秒解説】オフィスで起こりやすい落雷被害

【10秒解説】工場の被害を最小限するための雷対策

 

 

 

一番上へ戻る 

 

 

一番上へ戻る

営業者:株式会社セイクン
愛知県公安委員会 
古物商許可番号:541221300800