雷保護システムお役立ち情報column

【10秒解説】オフィスを雷から守るための落雷対策


もしも雷が自分のオフィスビルに落ちた場合、どんな被害が起こるのでしょうか。

今回は、雷からオフィスを守るための落雷対策についてお話しします。

 

目次

オフィスは落雷対策が必要!

オフィスにおいての落雷対策とは

落雷対策をして快適なオフィスづくりを

 

オフィスは落雷対策が必要!

様々な企業が入るオフィスビルは、落雷に対する対策がとても重要です。

仕事場となるオフィスは、それぞれが所有するデータをパソコン内で管理しているため、落雷による停電が起きることで、データが消去されてしまうことも珍しくありません。

考えうる被害については【10秒解説】オフィスで起こりやすい落雷被害 で紹介しています。

 

では、データの削除などのトラブルを避けるためには、どんな対策を行うことが良いのでしょうか。

次からオフィスに対しての落雷対策をご紹介します。

 

オフィスにおいての落雷対策とは

オフィスでの落雷対策を行うには、避雷針を設置すると良いでしょう。

避雷針は、敢えて雷を受けるように設計されており、受けた雷を地面へと流すという仕組みです。

雷サージが強くない場合には、稀に被害を全くのゼロに抑えることもあります。

 

また、オフィス内のサージ保護をする避雷器と言われるSPD(避雷器)を設置すると、雷サージの被害を一気に減らせるでしょう。

雷の場合、気を付けていてもいつ起こるのか分からないため、事前に火災保険に入っておくのもおすすめです。

また、定期的にデータのバックアップを取ることで、トラブルが生じた後のことも予測しておくと良いでしょう。

 

落雷対策をして快適なオフィスづくりを

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、オフィスの落雷対策について多少ご理解いただけたと思います。

オフィスでの落雷対策は、過度な電圧がかかる雷サージを保護することが大切です。

できる限り雷サージを防いで、快適なオフィスを作りましょう。

落雷対策・避雷針工事でお悩みの方は避雷針工事.netへご相談ください。
避雷針設置について詳しく知りたい方はコチラから

 

関連記事

【10秒解説】オフィスで起こりやすい落雷被害

【10秒解説】雷の種類や仕組み

 

 

 

一番上へ戻る 

 

 

一番上へ戻る

営業者:株式会社セイクン
愛知県公安委員会 
古物商許可番号:541221300800